スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2023の投稿を表示しています

オレは精神疾患のデパートみたいな存在だ

オレはもう重度の自閉症やてんかん、知的障害を除くありとあらゆる精神病理に悩まされてきた。 神経症とか精神障害っていうのはほとんど全て物事や刺激、思考、感情、環境などへの「過剰反応」や「囚われ」から来る。 オレの心と身体はありとあらゆる物事へ過剰に反応し、囚われてしまう。よく言われるように、外部からの刺激や情報に対するフィルターが破損してて、天候や季節、他人の感情や人格、情報、考えさせられるような出来事などがモロに入ってきて、注意を削がれたり混乱したり考えに没頭しすぎて身体が動かなくなったり喋れなくなったりする。さらに、自分の内部から出てくる情報、記憶、感情にも囚われてしまう。 その結果、思考や妄想、空想に囚われてる時は統合失調症の状態になり、感情に支配されている時は双極性障害やうつ病、境界性パーソナリティ障害のようになるし、他人が乗り移って演技性パーソナリティ障害や解離性同一性障害のようにもなる。周囲のあらゆることに反応しているとADHDになるし、一つのことに対して規則正しく没頭しはじめるとアスペルガーのようになる。 そんな風にあらゆる症状が時間帯や状況などに応じてめまぐるしく表れたり消えたりする。特に目立った症状のない安定モードにもなり、その時は側から見ても全然普通に見える。 そんなに都合よくいろんな疾患が併発するはずないとか、思い込みだと言われるかもしれないが、全ての精神疾患はそれぞれ共通する部分があるし、互いに影響を与え合っている。 ひとたび何らかのショックや喪失によってうつ病を発症すると、脳と身体が外部刺激に対する免疫を失い、「反応しやすい」「囚われやすい」状態になる。つまり、他の症状も出やすい状態になる。 例えばコンピューターのCPUは0と1の処理をただひたすら続けているだけであるにも関わらず、実際にはモニターに画像を描画したり音楽を再生したりなどあらゆるタスクをこなしているが、その0と1を、精神疾患の根底にある「囚われやすさ」と「反応のしやすさ」に置き換えると分かりやすい。 全ての精神症状は健康な人にも軽度のレベルで日常的に起こる。いわゆる「寝ぼけ」も一種の症状だし、病的でないレベルの緊張なども正確には症状である。だから思い込みと言えば思い込みかもしれないが、それらの症状が精神科の診断基準を満たすレベル、日常生活や就業が困難になるほどのレベルになると障害

ここ数日はかなり不安定で無気力で自虐的な日々を過ごしている

思ったように金も稼げず、ブログの引っ越しやファイルのバックアップ等メンテナンス的な作業に追われていたが、それもあと少しでひと段落して、またこれから創作をしていく予定ではいたが、そんな計画とは裏腹に、心がもう追いつかずノックダウンしていて、ずっと孤独に黙々とこの世に作品を残すために何年も過ごしてきたがもう孤独に耐えられなくなっていて、 SNS で宣伝ではなく交流目的で人と関わることに時間を割こうと考えたり、出会いサイトに性懲りも無く課金して掲示板に書き込んだりしていた。 その一方でもう子供連れの女に暴力を奮って自殺しようと考えている自分もいて、自分の中にまったく別々の方向性の自分がいて感情と思考を処理出来なくなり、放心状態になって平日の昼間っから酒を飲んでいた。 群れている他者への嫉妬まじりの憎悪と、「オレがおかしいだけなのか」という罪悪感、オレも「普通」になっていいのかな、という自分と、どうしても普通にはなれないことを悟っている自分が混在し、今までの生き方も考え方も全て間違ってたのかもしれないという絶望感と無力感に襲われて、急に幼い子供のようになって怯えはじめ、おぞましい人間が行き交う街中をおそるおそる歩いていた。 「この世に何かを残す!」「世界を変える!」などといきまいて生きてきた ( 実際にはたびたび今日のように弱気になっていた ) が、いい加減虚しくなってしまった。 それでももう解離症状とかある以上は誰からもオレをオレとして認識してもらえないし、誰とも打ち解けることが不可能だから、やっぱり人を暴行して自殺しようと考える自分もいたりしていた。 音楽もまだアコースティックアルバムを作りたかったり、世界中でたった 1 人オレだけが考えている思想や哲学、アイデアなども公開してから死にたいとは思っていて、はやくそれを実行して直ちにこのおぞましい世界から脱出したいという気持ちが高まった。 予定ではロゴデザインの仕事をするつもりではいたが、今すぐ首を吊ったり川に飛び込んで死のうという絶望的な気持ちになっていたので、これではもう何もやる気になれないなと思い、海岸へ行って海を眺めながらビールを 2 本飲んでいた。タバコも連続で吸っていたが途中で切らしてしまい、近くにコンビニもないからこの際だからタバコはもうやめようと思いながらボーッと海を眺めて過ごしていた。何も考えたくなかった

オレの居場所を奪う人々に対するやり場のない憎悪

オレは周囲に人がいたり騒がしかったりすると周囲が気になってしまい、まったく集中出来なくなってしまう。極度に警戒心が強く、鳥類のように常にキョドりながら周囲を警戒している。 咳とか咳払いとかもほんと無理だ。 人間にはミラーニューロンなるものがあって、人の行動を無意識にコピーする機能が備わっているらしいが、オレのミラーニューロンはかなり毛深く、ミーロンこそがオレだと言っても過言ではないくらい、それほとまでに他人が立てる音やしくざ、感情や人格までをもコピーしてしまう。 それの発動を抑えるのも苦痛だし、他者がオレの咳や咳払いに反応して真似をされるとオレはカッとなって暴力を奮いたくなってしまい、怒りと恐怖で全身がワナワナと震えてしまう。 その一方で周りの普通の人間たちは普通に自分の作業に集中して、他人が考えた公式やノウハウを疑うこともなくただそれに従って、それらを習得する行為に励んでいる。 オレは秀才タイプが嫌いだったり苦手だ。退屈だし、ボキャブラリーに欠けるし中には自分を天才だと思っている勘違いすらいる。 そんな苦手/嫌いな人間がオレより後に近くの座席に座って咳をしたりボールペンをカチカチやり出すとオレはもう居てもたってもいられなくなり、席を変えようか迷うが、それも悔しいし、何よりオレは周りに人がいると身体が硬直して自然な動きが出来なくなる。 今まではわざわざ我慢してそのまま何のケアもせずに無理していたが、さすがに最近は近くに人が来たらすかさずイヤホンをするようにしている。 気にしないようにするというのがそもそも無駄な努力で、人がいると全く集中出来ない。 イヤホンしてればまあよほど騒がしく無い限りOKだが、結局30分後には席を変えることになるパターンが多い。 そんなオレは静かな公園などで作業をすることが多いが、平日昼間はともかく、下校時間になるとガキがわらわら湧いてくるし、午前中もゲートボールのペチャクチャうるさいクソババアとか、保育園の課外活動なんかの人たちがいて集中出来ないこともよくある。 コンビニの飲食スペースで仕事をしようにも店内放送がうるさくて無理だし、ファミレスも相当空いてる場所/時間帯じゃないと無理だ。落ち着いた雰囲気のカフェならまだいいが、たかだかコーヒー一杯に300円払うような経済力を持ち合わせていない。 飲食店だと外にタバコ吸いに行く時にいちいち断りを入

夜、豚を暴行しに出かけたが思いとどまった

オレはずっと豚みたいな人間どもをぶっ56したいと思いながら生きてきた。 オレみたいな発達障害だとか神経過敏症もなく、物事を考えすぎることもなく、鬱にもならず、自己存在に罪悪感や葛藤も抱かず、気の利かない、図太い神経をした豚どもや、そんな豚男に抱かれる、爽やかな見た目とは裏腹に豚みたいな神経をした女たち。 今までも幾度となく暴力衝動に駆られながらも結局は行動に移せずにいた。オレが暴力を振るったのは自分自身と、実の父と、風イ谷嬢だけだった。言葉の暴力はたくさん奮ってきた。 オレはついつい我慢しなくてもいいことを我慢しすぎてしまう傾向がある。 一般的に、男性よりもいろんなことを我慢していると言われる女性(最近はその構図も崩れてきているが)以上に変に我慢しすぎてしまう。自分の生活に縛りを設けたり他人を優先したり気を使いすぎてしまう。 臆病だから言いたいことも言えないし、両親も自分の意見を押し付けられたり何を言っても否定的なことを言われるだけで、オレの話を聞いてもらった試しがない。 そんなわけで他人に対する暴力性が育まれてきた。 それでも実行出来なかったのは、単に勇気がなかったのと、必要以上に自分自身に対して罪悪感を感じて「自分が悪い」と思ってしまうこと、出来れば神経の脆さとか精神病理とか自己管理能力の欠如とかいう自分の欠点とセットになってる想像力とか空想性を活かした創作が評価されて共感されて金も稼いだりすることで復讐してやりたかったこと、気が変わりやすく、昼の間に道で豚どもとすれ違う度に「夜になったらこういう連中を暴行しよう」と固く決意しても夜になるとめんどくさくなったり、早く家に帰りたくなってしまうこと、「家に帰って荷物を置いて着替えてからにしよう」と言って先延ばしにしてしまうこと(あらかじめ着替えを用意して荷物をコインロッカーに預ける程度の計画性すら持ち得ていない)などが挙げられる。 それでも最近は創作活動が(いろんなことに手を出す等自業自得も含めて)まったく上手くいかなかったこと、ロゴデザインの下書きをクライアントに送りまくったが1件しか採用されなかったこと、変に生真面目すぎるところがあるオレは自分がクライアントだったら下書き送ってきた相手にちゃんとお礼をしたりするのに何の反応も無いかテンプレのままメッセージを返す豚みたいな神経をしたクライアントしかいなかったり、SN

地球飽きたから月に引っ越したい

地球って結局のところなんだったんだろうか なんか、嘘つきとデブしか住んでないしさ 太ってる女性は好きだけど、野球が大して好きじゃないのに野球好きな女は大嫌いだなあ そのくらい飽きましたね、地球とかいう暇つぶしワールドに。 だから一緒に月面着陸してくれるパートナーっていうか、友達以上宇宙飛行士未満な関係を求めてマッチングアプリに登録したんだけど、飽きてしまった。 結局、女性って暇つぶしが好きな方たちなんだなってことを悟って以降はオレもあんまり女性に対して多くを求めなくなって、単にちょっと社会的な面が緩んでデレっとし出したりとかそういうのを正直ちょっとびっくりしながら見るのが楽しいっていうか、女の反応ってほんとうけるよね ただ、それもさすがに飽きてきたなあっていう感じで、最近はもう自分の役割も分かってきたし、世の中思ってる以上に馬鹿が多いんだなってことも学習しちゃって、馬鹿を演じるのも飽きちゃったし、ちょっとは本気で1人の女性を大事にしたいと思いはじめたんだけど、病的なまでに飽き性だからそれも長続きしないかなーみたいな感じで、結局はテキトーなキャラを演じて馬鹿そうな女の子とテキトーに遊んでるのが気楽でいいかな、みたいな、そんな感じだなあ最近は。 自分でも何が言いたいのかわかんないんだけど、ポジティブでもネガティブでもない心情が心地良くて、どこにも属さないのにそんなに寂しくはないみたいな、そういう感覚が心地良い。こんなフラットでニュートラルな気分が永遠に続いたらなあと思う昨今ではある。 それにしても汚ねえな、ほんと人間って汚ねえ 🏷️ 日記

オリジナル曲宣伝の為のSNS奮闘記④ 有料広告の結果と反省会

パート①     パート②     パート③ 今年2023年8月頭にリリースしたオリジナル曲「お互いサマー」を各SNSプラットフォームの有料広告を使って宣伝した。その結果を泣きながら振り返る。

オリジナル曲宣伝のためのSNS奮闘記③ SNSとユーザーと広告主の三角関係

パート①    パート② 主戦場としての YouTube を再評価する 何でもかんでも投稿してしまう「構ってちゃん」な所があるオレだったが、プロフも投稿数も説明文も質素なものにし、ブログに訪問してみたくなるようなショート動画を作り、日常生活の投稿はせずに謎めいた雰囲気を作ってブログや YouTube に誘導する、みたいな作戦も練っていた。

オリジナル曲宣伝の為のSNS奮闘記② アプリの使い分けと有料広告

パート① 結局、有料広告を出すことに そんな状況下にあって今回「お互いサマー」をリリースしたわけだが、この曲は歌詞もメロディも覚えやすくてキャッチーな感じだし、季節物で、真夏のハロウィンやクリスマスなどネタ的な要素もあって拡散される可能性を秘めていたからつながり目的も兼ねてまた SNS をやることにした。非公開で使っていた Twitter も「お互いサマー」の宣伝のために期間限定で公開運用することにした。

オリジナル曲宣伝の為のSNS奮闘記① 2023年のアルゴリズム事情

7 月 23 日に構想が浮かび、 2 週間かけて「 お互いサマー 」の音楽と動画をリリースしたオレは、その後 8 月 11 日から 20 日にかけて SNS を使って宣伝していくことにした。

「お互いサマー」制作日記 Day 17〜19 子供のような女性と飲み交わした鮫のヒレ酒

Day 17 (8/8 Tue) 地区セン A に行って YouTube 説明文と歌詞の多言語化、歌詞の字幕作成に挑んだ。 隣の席の 12 〜 13 才くらいの女の子の貧乏ゆすりがうざく、「他人のふり見て我がふり直そう」という気持ちになった。かくいうこの多動性障害の私も貧乏ゆすり癖があり、薬の副作用で「むずむず脚症候群」になり、脚を動かしていないと落ち着かなくなってしまった。以前、職場の不細工な女に「貧乏ゆすりやめて貰えませんか?」『癖なんだよ』「癖なら辞められますよね!?』みたいに言われて酷く傷ついて顔が真っ赤になり、全身がわなわな震えて泣きそうになってしまった。なぜ私はこんなにも傷つきやすいのか、 ○ か X か、みたいな感想を抱かざるを得なかった。

「お互いサマー」制作日記 Day 12〜16 季節外れの映画監督

Day 12 (8/3 Thu) 最近は家に居たくなくていつも外に出かけてたがはやく仕上げたかったので家で作業することにした。音作りの作業はかなり音量を上げてやる必要があったから地区センだと音漏れが気になるというのもあった。 ギターの音作りは完了してたのでボーカルの EQ を調整した。あんまりいじる必要もなく、歯擦音のカットその他軽くいじるだけで済ませた。

「お互いサマー」制作日記 Day 9〜11 入金祝いの打ち上げ花火

Day 9 (7/31 Mon) 薬が切れたので午前中は精神科へ行った。いつもはチャリで 30 分くらいかけて行ってるが暑いし、帰ってからまた午後チャリでスタジオに行くのはしんどいので病院には電車で行った。 ( スタジオ帰りにたそがれながらチャリ漕ぎたいからスタオジはチャリで行きたかった ) 待ち時間の間、土曜にレコーディングしたボーカルを整理して不用なファイルは消していった。こういう病院の待ち時間とか、周りに人がいるとそわそわして落ち着かず、キョロキョロして仕事とか読書とか全く出来ずに人生損しまくっているオレだがこの日は人が少ないのもあってそこそこ集中出来た。

「お互いサマー」制作日記 Day 5〜8 キーを探し求めた夏の夜

Day 5 (7/27 Thu) この日は午前中は歌詞を完成させてその後 Day3 で仮録音したギターに合わせて歌を仮録音し、余力があればそのままスタジオでギターの本番レコーディングをする予定だった。 歌詞制作は家でやれば良かったが、家には居たくなかったのでチャリで 15 分の公園でやることにした。この公園の近くには歌の練習に適した工場地帯があり、歌詞を作ったあとそこで練習するつもりだった。スタジオ方面ではなかったが、逆方面でもなかった。

「お互いサマー」制作日記 Day 4 メロディと歌詞の複雑な関係

Day 4 (7/26 Wed) 昨日は猛暑の中朝から晩まで外に居たし、オレばっかり毎日出かけて隣の引きこもり犯罪者を甘やかすのもなんだし、家がいちばん集中出来るので曲をはやくリリースしたかったオレはこの日は家で歌詞を作ることにした。 まず、この曲を作る発端となった「お互いさま」「口臭い」そして「夏」を言葉のモチーフに、そして破綻したアパートの隣人との関係性や一昨年の秋に出会い系サイトで知り合って少し交際した女性との関係、その出会い系サイト内における男女間の駆け引きと被害妄想 ( 女は男から冷やかしメールその他脅しやセクハラを受けまくる一方で、男性だけが有料であること等 ) を主なテーマにしていろいろ連想していくことにした。 するとすぐに「持ちつ持たれつ」という言葉が頭に浮かんだ。その背景には最近のオレは生活保護を受けながら好きなことだけやってることに対する罪悪感と葛藤に常に駆られていることがあった。「まあ普通に働けてる大半の奴らはオレみたいにいちいち考え過ぎて鬱になったり SNS でイイネする時もくそ真面目にコンテンツをちゃんと見てからイイネつけたりもしないし、周りを気にし過ぎたりもしないし、解離症状とかもないから別にいいやな。オレも昔は働いてたし今も毎日怠けてるわけではないし、ベーシックインカムの 動画を作って みんなが働かなくて済むシステムを発表したりしてるし持ちつ持たれつ、明日は我が身だ」なんてことを毎日のようにつぶやいている。

「お互いサマー」制作日記 Day 2 〜3 忘れ去られたイヤホンと夏の思い出

  Day 2 (7/24 Mon) この日はいろいろと雑用に追われてたので作品作りには着手しなかった。自称くそばばあの人にメールを返すのもめんどくさくなってしまった。 30 代の方からの返信はなかった。プロフを見ると既に退会していた。金を使わせといて一言も言わずに逃げられてしまった。

「お互いサマー」制作日記 Day 1 お互い様な日曜日

今年(2023年)の8月にオリジナル曲「お互いサマー」をリリースした。

来年の春にはあの世に引っ越したい

毎年恒例の自殺シーズンの春だけど今年は割と自殺衝動も激しくなく、 AI 関連の作品作りに夢中になってたからか、普通に乗り越えた。 2019 年の春に本気で引っ越したくなって煉炭買ったが無理で、その後 4 年にわたって 音楽配信やらいろいろやってきたが、いろいろやりすぎたり難しく考えすぎたり SNS を避けてたりしてたせいもあって未だに大した成果は出せてない。 この 4 年の間、たびたび「全てを投げ出して今すぐクビつろう」という衝動に駆られたり、自分で曲も作れないくせにフォロワーがたくさんいる人間や図太い神経を持った人間や金持ちに嫉妬して、暴力事件を起こして自殺したい衝動に駆られたりしながらもどうにか抑え、金持ちの家や車に卵を投げつけたり、道ですれ違う時に 1cm も道を譲らないゴミにわざとぶつかる程度の報復くらいで済ませてきたが、そろそろ限界がきつつある。精神状態がヤバめな時が増えた。

くだらねえ世界に生まれてきた感想文

とりあえず人間は馬鹿だなという率直な感想を抱かざるを得なかった。 戦争を起こすこととか、誹謗中傷もそうなんだけど、それ以前におならをする生き物なんだってことをすぐ忘れてしまう。それが一番間抜けだったなってことなんです。 おならをするのに何で戦争を起こすんだろうと思うかもしれないけど、おならをする生き物でありながらそれを忘れてしまったり、隠そうとすることに全ての災いの原因があった。 自由におならを解き放つことが出来れば、ヒトラーやプーチンも単におなら臭い人生を歩んでいたのだろうし、暴力団員の人たちも可愛いらしく微笑んでいたんだと思う。 くだらない 21 世紀頃にはインスタやツイッターで嘘ついてフォロワーを増やすとかいう虚しい行為が流行っていたけど、「何でおならするのにこの人たちはおなら以上に胡散臭いんだろう」と思って眺めてたし、「あ、別に無理して産まれなくても良さそうな世界だな」っていう感想文だった。 だからそうだな … 可愛いおならをする女の子は若い内だけ適当にちやほやしといて、ババアになったら手のひら返しして完全に無視してやればいいのかもしれない、きっとそうなんだろう。みたいな雰囲気だ。 そんな風におならをしながらくだらない歴史を繰り返すのがすごい暇だったし、「何でこの人たち他人の物真似しかしないんだろ、無理して生まれてこなくてもいいんだけど」って思わざるを得ないようなくだらない生き物がたくさんいて、気持ちわりーって思った。 なんかアニメキャラみたいなおなら臭い人たちに自分のセリフを代弁させる文化祭みたいな雰囲気も単純に気持ち悪くてオエーッてなっちゃったし、何でこの人たち褒めてほしくてたまらないのに謙遜したフリして「おならしてみた!」とかホザいてるんだろ、すげーくだらねえ時代を代弁してるキャラだなあ、時代の大便者みたいで別に生まれてこなくて良かったな。そんな乾ききった感想。 世間体のために子供を産むのも飽きてしまったオレは暇つぶしに女をひたすら眺めたり、髪の匂いをくんくん嗅いだりしていたけど、改めて考えるとセックスめんどくせえなあ、みたいな気持ちになってきて、男も女もゲイもビアンも全て差別されたらいい、って思った。 動物もかなり馬鹿だなって思う。少しは反省したらどうなんだ?って思うし、知的な人間なんて一人も居ないんだってこと、どうあがいても知的生命体にはなれないん

生まれたくなかったけどとりあえず生活保護あってよかったわ

生活保護があってよかったのはムレホースにならなくて済んだとか、食材を入手出来るとか、働かなくて済むっていう模範回答もさることながら、創作活動に注力出来るっていうのがデカい。

クラウドワークスでようやく実績を上げることが出来た

去年の夏、自己破産して生活保護を受給しはじめ、音楽なんかやってる場合ではなくなったオレは隠れた名曲「戦場のヒマワリ」を急ピッチで制作し、デモレベルのまま配信していったん音楽を卒業して前々からやろうやろうとは思いつつ先延ばしにしてきたロゴデザインの仕事をやりはじめた。

4年前に海外で販売していた漢字アートがついに売れよった

4 年という長いようで短い時の流れに耐えられずに大学を中退し、アーティストを志して 20 年になる。 そんなワシであるが今回は耐えて耐えて耐え忍んだ。 ( 実際には諦めて放置していた ) 音楽で稼ぐことを諦め、アル中とうつ病になって廃人になっていたワシは 4 年前にデザイナーに転向し、その時に漢字をベースに造ったロゴシリーズのステッカーや T シャツを REDBUBBLE や TeePublic など海外サイトで販売していた。

「女優ビッグバン」制作日誌 Day18-23 ラスト・ラン

Day13-17 Day 18 (4/19 Wed) 完成が急がれ、集中する必要があった為、自宅で作業をした。最終的な音作り作業のため、静かな室内でやる必要もあった。 iPad の負荷を軽減するため、リージョンの分割、切り貼り、オートメーション、リミッターを掛けた各トラックを一旦全て 1 本の WAV ファイル化し、新しいプロジェクトを作ってそこに貼り付けていった。コンプレッサーはかけなかった。 プロのエンジニアはかなり細かくルーティングするのだろうが、プロの " スケッチ " アーティストでしかないオレはドラム、ギター、ボーカルをそれぞれグループ化しただけで済ませた。ボーカルの内、コーラスだけは例外的に独立したグループトラックに送った。 本来なら各パートの音の分離を明確にして聴きやすくするために EQ だけでなく ( 主にローパス ) フィルターを使ったりするが、めんどくさかったのでコーラスだけ軽くローカットして女性的にした。歯擦音のカットも面倒だから大雑把に処理した。 ファンキーでドライなパートが多い曲だからリバーブもあんまり深く掛けたくなかった。 GarageBand のドラムは最初っからリバーブが掛かってるからそのままにすることにした。マスターにもリバーブは使わず、ギターとボーカルに薄く掛けた。 アコギにリミッターやコンプレッサーをかけすぎると音が硬くなって本来の温かみがなくなってしまうため、あんまり掛けたくなかった。アコギはもともと音の伸びがある楽器だからあんまり掛ける必要もなく、オートメーションで出だしだけ抑えれば十分だった。 ボーカルには普通にコンプレッサーを掛けたが、強弱の波が特徴のコーラス部分はあんまり圧縮しすぎないようにした。 常に強迫観念に追われてリラックス出来ず生き急いだり人生に不要な縛りを設けて人生損しまくってるオレには常に強度のコンプレッサーが掛かっているため、音楽はあんまり圧縮加工したくなかった。それ以前に単にめんどくさいというのがあった。寿命を圧縮するような強力なコンプレッサーが掛かっているにも関わらず、激しい感情の波をフラットに保つのは困難だった。おそらくオレを造ったエンジニアたちはオレの脳内コンプレッションシステムの閾値 ( 沸点 ) をかなり低く、リリースタイムを短く設定したままこの世界に放り出してしまったら
Keywords
Pick Up
©Hiro Kinohara